卒業生から

永江総一朗さん


東京校2020年3月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
電気工事
 
2.照明に興味を持ったきっかけは
通常の業務の中で照明というものが身近にあったためです。
 
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
ある日、ふと、照明の「し」の字も知らないぐらい無知の状態で照明の仕事をしているんじゃないかと思い始めました。
最初は自分が勉強するつもりはあまりなかったのですが、社員の誰か1人でもしっかり照明を勉強する必要があるなと感じてました。
そういう気持ちがしばらく続くうちに、社内の誰かではなく、なぜか自分が照明の勉強をしたくてたまらなくなり、すぐに申し込みました。
 
4.スクールに通ってどう思ったか
照明を勉強しようと思い勉強方法を探していると通信教育というのもあったのですが、僕の場合ですが通信教育はどうしても張り合いがなく、学ぶ仲間がいるスクールを選びました。
正解でした。
僕が通った時の生徒さんはたまたまみんな職種も違って、多種多様な人達だったので、自分とは違う色んな考え方や価値観を感じる事ができました。
照明以外にも勉強になることは多かったです。
また、講師の方々もとてもフレンドリーで本当に良かったです。楽しかったです。
少しオーバーかもしれませんが、人生の糧になりました。
 
5.講義内容について全般的に
結論を言うと、基礎はある程度学ぶ事ができたと思います。
照明を勉強しようと最初に思い始めたとき、「照明を勉強するってどういう事だ?」「何をどう勉強するんだ?」というのがスタートだったので、講義内容も想像できてなかったのですが、
講師の方の中でインテリアデザイナーの方がいらっしゃったのは少しビックリしました。
また、講義を受けていくうちにインテリアと照明、または建築と照明を組み合わせることで、全然違った光の表現ができることも分かり、ライティングの手法も学べました。
ある講師の方から「卒業してからがスタート」と言われましたけど、全くもってその通りで、まだまだ勉強していく必要はあります。
ただ、こちらのスクールがこれから照明に携わっていく僕の人生に大きな影響を与えてくれたのは間違いありません。
 
6.講義内容で良かった点・為になった講義
講義の中で良かったのは、なんといっても店舗照明プランと住宅照明プランの2回のプレゼンでした。
僕の場合は特に店舗照明プランのプレゼンですが、これほど照明プランを真剣に全力で考えた事がなかっただけに、このプレゼンに真剣に取り組んだお陰で終わった後は一皮剥けた感覚を持てました。
久しぶりに何か1つのことに真剣に打ち込みました。
またプレゼンの後も講師の方々からアドバイスや細かい指摘もしてもらえるので、とても勉強になりました。
今後実際のお客様にも、今までよりは分かり易く納得して頂けるような説明ができると思います。
 
7.自分で思う照明の魅力
僕が思う照明の魅力は、やっぱり「ライティングデザインに正解が無い」とこだと思ってます。
言い方を変えると「ライティングデザインは無限にある」ところです。
 
8.照明を学んだ後どうなりたい?
今は電気に関する様々な仕事をしている状況ですが、
もっと勉強をしてライティングデザインとその照明設備工事を重点的にしていきたいと思ってます。
 
9.これからどう活動していくか?
ライティング心理というか、ライティング1つで癒しを与えたり、逆に不快を与えたりライティングが人の心に働きかける作用というのはある思うので、ライティングデザインにより1人でも多くの人の幸せ、喜び、感動を与えられるような照明の仕事ができるように取り組んでいきたいです。


小林千夏さん


東京校2019年9月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
会社員
 
2.照明に興味を持ったきっかけは
社内事情により、突然照明器具の提案・販売担当になったことがきっかけです。
 
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
自力で試行錯誤しながらやっていましたが、一度固定概念を捨ててゼロから勉強したかったからです。
 
4.スクールに通ってどう思ったか
自分はどういった空間・光環境を作りたいのか、実際にデザインする側に立って考えてみるという経験から新たな気付きも得られましたし、
なによりも現役の先生方からさまざまアドバイスやフィードバックを頂けたのは贅沢な経験で、非常に勉強になりました。
 
5.講義内容について全般的に
さまざまな小話を挟みながらの授業で毎回楽しく出席させていただきました。
現役の照明デザイナー、建築士、インテリアデザイナーの方々から直接お話を伺える機会はそうないと思います。
 
6.講義内容で良かった点・為になった講義
DIALuxを使用しての照明プランプレゼンテーションと先生方からのフィードバック。
色々な経歴を持つクラスメイトたちの発表もそれぞれ個性的で、そんな見方・考え方があったか!と毎回刺激をもらえました。
庭園ライトアッププランのコンペ参加も大変良い経験となりました。
 
7.自分で思う照明の魅力
同じ空間や建築であっても、照明の配置・当て方を少し変えるだけで、全く違う印象・雰囲気を作り上げられるところ。
 
8.照明を学んだ後どうなりたい?
照明デザインに携わる機会を増やしていきたい。
 
9.これからどう活動していくか?
国内外いろんな光環境を見て回りたいと思います! 


二階堂萌花さん


東京校2018年3月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
大学院生[大学生]
 
2.照明に興味を持ったきっかけは
高校演劇の舞台照明で照明が好きになり、「光と影」の「消えゆくもの」としての魅力を感じたことからです 
 
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
アルバイトでブライダル音響照明映像のオペレーターを担当していて 毎週現場をこなしてはいますが、照明の「本質」は知らないことにずっとモヤモヤを抱えていました。そこで、基礎や実務的な勉強、デザインはもちろん、総合芸術としての照明が学べるスクールを探していて、見学説明会での馬場先生とのお話しが決め手となりました。 
現在大学生なので、ダブルスクール可能、学業と並行して学べるという点も魅力的でした。 
さらにかねてより、照明を通じたネットワークも作りたいと考えていました。 
安心材料として、門戸が広い!業界、OBOGなどネットワークが広いというのも結構重要なだと思います。 
 
4.スクールに通ってどう思ったか
軽く学べる程度であればと入学しましたが、期待以上に、照明業界を身近に感じることができ、とても充実した半年間でした。私の入学期から教室が新しくなり、教室を拠点に様々な業界の方や第一線で活躍されているプロフェッショナルな方々と交流できる時間は、照明業界に興味がある学生ならばなおさら、心踊る貴重な経験だと思います 
現在、卒業してからもいつでもウェルカム!な雰囲気はとても心地よいです。
 
5.講義内容について全般的に
今まで建築、インテリア、照明に縁が無かった人でも、少しでも興味があれば充分ついていける内容だと思います。少人数なので、自分次第でどこまでも吸収できます。 
 
6.講義内容で良かった点・為になった講義
なんと言っても、ずばり「プレゼンテーション」です!早々有りません建築家やインテリアデザイナーライティングデザイナーの方々に講評していただく機会は! 
先生方も真剣に講義・アドバイスしてくださるので、とてもやりがいがあります。プランニングしていると分からないことも多いですが、分からないことに気づくこと、その中でも考え抜くことが重要だと学びました。 
 
7.自分で思う照明の魅力
人々が気づかないうちに、空間や心理を演出できる、というのが面白い! 
照明って地味だね、気づかなかった、と言いながら写真を撮りまくる人を見るというのが、なんとも快感です(笑) 
 
8.照明を学んだ後どうなりたい?
空間演出の理解を深めて、様々な角度から人々の記憶に残る人生のワンシーンを演出できたら最高です。(もちろん、綺麗な記録を残すことも大事です 
 
9.これからどう活動していくか?
学術的な面では、社会的芸術としての「照明」に関心があります。文化資源としての建築物そのものに関しては昔より注目されてきましたが、現代における「照明」というより技術的な観点ではじゅうぶんな分析、研究、保存、活用されていません 
これからは、近現代社会の歴史的文脈のなかで、「照明」を補助線に、文化と空間と技術の関係を社会学的に分析していきたいと考えています。 


加生 幸彦 さん


写真:フランクフルト中央駅にて
東京校2017年10月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
会社員(建設部)
 
2.照明に興味を持ったきっかけは
仕事上、最低限の知識を習得すべきと判断した為。
 
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
説明会に参加させていただき印象が良かった。
仕事のスケジュールと上手く両立できるが不安でしたが説明会でその辺の不安がなくなりました。
 
4.スクールに通ってどう思ったか
照明と言うカテゴリーの幅の広さ、奥の深さを実感。
 
5.講義内容について全般的に
講義はとても受けやすい内容でした。
 
6.講義内容で良かった点・為になった講義
照明と言うカテゴリーを真剣に考えるきっかけができて良かった。
色々なバックグランドの同級生と学ぶ機会は新鮮で良い経験になりました。
 
7.自分で思う照明の魅力
おなじ照明でも空間や環境で違うものになるところ。
 
8.照明を学んだ後どうなりたい?
照明を通して国内、海外問わずコミュニケーションができるくらいの知識をもちたい。
 
9.これからどう活動していくか?
仕事以外で日常生活でも学んだ知識を生かせるようアプローチしていきたい


井上直人さん


大阪校2017年10月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
電気工事業
 
2.照明に興味を持ったきっかけは
仕事柄、なんとなくというか、身近な業務なので。
 
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
社員*が先に入学し、学んできた事を聞いたから。
 
4.スクールに通ってどう思ったか
照明の重要性について再認識できた。
 
5.講義内容について全般的に
とても楽しく講義を受けさせてもらいました。
 
6.講義内容で良かった点・為になった講義
先生の作品等を聞き、照明が人々の生活にどれだけ影響があるかどうか等知れた。 過去のデザインを知り、あまり注目していなかった照明デザイナーという職業に注目するようになった。
 
7.自分で思う照明の魅力
人の行動もある程度、制御できる。
 
8.照明を学んだ後どうなりたい?
自作照明をつくってみたい。
 
9.これからどう活動していくか?
設計施工をもっと前面に出していく。
 
*井上さんの所員が前期に受講されていました。


牧角苑佳さん


写真:ミラノサローネにて
東京校2016年9月卒業生

1.現在の職業
アシスタントライティングデザイナー[卒業時 大学生]
 
2.照明に興味を持ったきっかけは
石井幹子さんの本を読んで照明デザイナーという仕事を知り、興味を持ちました。
 
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
大学で建築を勉強していましたが、なかなか照明の勉強をする機会は得られず、自分の興味のある分野をより深く知りたいと思い入学しました。
 
4.スクールに通ってどう思ったか
照明に興味のある様々な職種の方が集っていることに驚き、また多角度からの照明に対する取り組み方や考え方を聞くことができました。お話をしているだけでも学ぶことが多くある充実した時間を過ごせる場だと思いました。
 
5.講義内容について全般的に
照明の基礎の部分である照明器具のつくりから具体的なプランニングの仕方まで幅広く学ぶことができました。
 
6.講義内容で良かった点・為になった講義
照明デザイナーや建築家として活躍されている方から直接、現在の照明デザインについてのお話を聞くことができる点が良かったです。また、自分の考えたプランニングについても意見をいただくことが出来たのは大学生のわたしにとってはとても貴重な経験でした。
 
7.自分で思う照明の魅力
 照明によって空間がさまざまな印象を与えることができるところ。


川口勝弘さん


東京校2016年9月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
金属加工業
 
2.照明に興味を持ったきっかけは
建築家、デザイナーたちとのコラボ等で、ランプシェードを作る機会があり、もともとインテリアや照明は好きでしたが、改めて「照明」というものを見直すようになりました。
 
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
前述の照明の器具に関する製作を行う上で、わからないことだらけで、設計をする周囲の友人知人に聞いても、誰もわからず、困っていたのです。そのとき、照明に関してのいろんなことを教えてくれるとこないのかな?と思い、ネットで検索してみたところ、ライティングデザインスクールを発見しました。当初は、プランニングに興味があったわけではなかったですが、行けば勉強になるのは間違いないと思ったし、器具の知識も教えてもらうことはできると思ったので。
 
4.スクールに通ってどう思ったか
とにかく、照明って雲をつかむような感じで、漠然としていました。でも、それがきちんとした理論と、構成によって、成立しているものなんだ、というのがわかりました。 あと、課題は結構大変です。特に初回は慣れていないこともあり、試行錯誤と言いますか、七転八倒と言いますか...ですが、2回目の課題の頃は多少慣れてきたこともあったせいか、楽しめる部分もありました。照明をプランニングする、配灯するということは、その空間の灯かりをトータルで演出することにもつながるはずなので、楽しみながら取り組めたように思います。
 
5.自分で思う照明の魅力
当初の照明のイメージというのは、フロアランプやペンダントランプなどのプロダクトというものでした。灯かりそのものよりも造形的な部分に目が向いていたように思います(金属造形に携わっているので)。 ですが、照明はやはり 光。 人が暮らしていく中で、光や灯かりとどう寄り添い、接していくのか、そして、それがいかに重要なことであるか、を心の底から感じました。 照明というのは、人の心を、人の暮らしを、人の生き方をも、変えることのできる存在なんだと知ることができました。
 
6.照明を学んだ後どうなりたい?
もともと器具を作るつもりでスタートしたので、単なる造形的なアプローチにとどまらず、そこに灯かりの持つ機能と、意味をもたらせるような製作がしたいです。
 
7.これからどう活動していくか?
特注照明などの器具の製作もしたいですが、プランニングのおもしろさと言いますか、可能性を垣間見てしまったので、そういう照明デザインをするようなチャンスを狙っていきたいとも思っています


大西彩生さん


東京校2015年9月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
アシスタントライティングデザイナー[卒業時 大学生]
2.照明に興味を持ったきっかけは
単純にイルミネーションやライトアップが好きで、照らすことで人の心をを動かす光の力に興味をもちました。
3.なぜ当校に入学しようと思ったか
通っている大学が建築学科でもなんでもないのでなるべく基礎から丁寧なところで、ここは照明の授業コースのみなのに多様な講師のかたが教えてくれることが決め手でした。
4.スクールに通ってどう思ったか
すごい講師の方々に教えてもらい、課題には意見をもらえる、とても貴重な授業ばかりでした。
5.自分で思う照明の魅力
意味のある光で照らせば自然と人が集まる場所にできるところです。
6.照明を学んだ後どうなりたい?
学ばせてもらったのはほんの一部分だと思うので、もっと照明の理解を深めて、将来は日本の夜景をつくるようなお仕事に就きたいです。
7.これからどう活動していくか?
いろんな場所にいって、たくさんの光の表現に触れたいです。


露木 健さん


東京校2014年9月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
照明設計
2.照明に興味をもったきっかけ
もともとインテリア建築が好きで、その中でも照明にひかれた。
3.なぜ当校に入学しようと思ったのか?
スキルアップ。
4.ライティングデザインスクールに通ってどうおもったか?
普段の仕事で見ることができないものや、聞くことができない話を受講できる。活躍されているデザイナーさんのお話を聞くことができる。いろんなデザインの手法をみることができる。
5.自分で思う照明の魅力
照明次第で空間のイメージを印象づけることができる。光を当てることで、建築、インテリアを引き立てることができる。
6.照明を学びどうなりたいか?
仕事の幅を拡げたい。今までできなかったものを作りたい。
7.これからの活動
照明設計の仕事で活躍したい。


春田隼輔さん


東京校2013年3月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
現在、無職。アルバイトで店舗の電球交換や電気工事、また春と秋にお城やお庭のライトアップのお手伝いをしています。
2.照明に興味をもったきっかけ
ある日突然、知人に照明の仕事が向いている言われました。その際、まだ私は違う仕事をしており、照明にも興味がなく、全くする気はありませんでした。しかしその数年後、カンボジアのアンコール遺跡に行き、朝日を鑑賞しました。光がなく、何も見えない場所に少しずつ太陽の光が差し込んだ幻想的な風景を見た瞬間、以前に言われた事を思い出しました。その後、東日本大震災でのボランティアの経験から、光の重要性を肌で感じ、突然、光の仕事しようかなと思ったという事がキッカケです。
3.なぜ当校に入学しようと思ったのか?
ホームページで照明のスクールを探した際、一番上に出てきたので「ここだ」と思って入学を決めました。
4.ライティングデザインスクールに通ってどうおもったか?
照明の事は全く分からなかったので知らない事が多く、日々学んで行くにつれていっぱいいっぱいでした。卒業してみて思う事は、限られた時間の中で学べる事は限りがあります。照明の仕事に携わって思う事は、スクールで学んだだけでは駄目だという事です。学んだ後、それをどう活かして仕事としてやっていくかがとても大切だと思います。
5.自分で思う照明の魅力
人は光がないと何も出来ません。また暗い世の中では人の気持ちも暗くなりがちです。光がある事により、生活ができ、気持ちも明るくなるのではないかと思います。そんな人の心情を動かす事が出来るのが魅力だと思います。
6.照明を学びどうなりたいか?
世の中の人、特にこれから産まれてくる子供たちに、これまで世の中が歩んできた歴史やこれから歩んでいく未来等を「光の持つ力」や「重要性」を用いて、「生命の大切さ」、「生きていく事の大切さ」を世界中の人に伝えていきたいと思っています。
7.これからの活動
現在、こちらの先生方のご縁で運良く照明の仕事をしております。自分が出来る事を精一杯やっていき、世の中の事をもっと知り、そして学び、自分の夢を実現出来るよう頑張っていきたいと思っています。


千葉亜由美さん


東京校2013年3月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
デンマーク留学中
2.照明に興味をもったきっかけ
ウィンドウディスプレイのデコレーターのアルバイトをしていた際に、最後に照明の調整が入って、ウィンドウが完成するのを見た時。
照明さんに最後に全部持っていかれたような、悔しさにも似た気持ちを感じて照明に興味を持った。
3.なぜ当校に入学しようと思ったのか?
30歳を目前にして、学生時代に興味を持ったことを学んでみたいと思い立ったから。
また仕事辞めずに通える点が良かったのでライティングデザインスクールを選んだ。
4.ライティングデザインスクールに通ってどうおもったか?
実際に先生方が手がけた案件やコンペにエントリーした題材を使った授業では、空間のコンセプトを壊さないような照明計画を提案するのに大変苦労したが、これがデザイナーの産みの苦しみなのかと素人ながら感じることができた。
この学校を卒業したからといってライティングデザイナーになれるわけではないが、照明業界を間近に感じるチャンスではあると思う。あとはすべて自分次第。
5.自分で思う照明の魅力
うつくしい!!
6.照明を学びどうなりたいか?
なんらかの形で照明と英語と日本語とデンマーク語に囲まれて生きていけたら幸せだなと思う。
7.これからの活動
今はデンマークにいるので、とにかくよく勉強し、たくさんの好きなものを見つけて、自分の引き出しを増やしたい。


柿澤英治さん


東京校2010年3月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
有限会社パーシモン 店舗設計
2.照明に興味を持ったきっかけ
店舗の設計に携わるにあたり、空間設計における照明デザインの重要性を日々感じるため。
3.なぜ当校に入学しようとおもったのか?
入学当時、東京で照明専門のスクールが無かった為。
4.ライティングデザインスクールに通ってどう思ったか?
後半の課題がハードでした。第一線でご活躍なされている講師の方々といろいろなお話を聞く機会ができ、とても良かった。課題で作品の制作する機会においては、作業ができる環境がもう少し整っていると良かったと思います。
5.自分で思う照明の魅力
----
6.照明を学びどうなりたいか?
現在の活動しているフィールドの中で照明に関する提案をより強化し、 自分のアピールできるテーマとして行きたいです。
7.これからの活動
まだまだ勉強します。
照明に関することも含め作品づくりやいろいろな提案を 積極的にしていきたいと思います。


中野優希さん


東京校2010年3月卒業生

1.現在の職業[卒業時]
システムエンジニア
2.照明に興味を持ったきっかけ
学生時代に舞台照明にハマったから。
3.なぜ当校に入学しようとおもったのか?
説明会での雰囲気があったから。海外研修に興味を持ったから。
4.ライティングデザインスクールに通ってどう思ったか?
プロとざっくばらんに話せるのが嬉しい。
でも身につけるには地道な努力が必要。一年でも短い。
5.自分で思う照明の魅力
空間の在り方に深く関わっている事。
6.照明を学びどうなりたいか?
感覚の豊かな人間になりたいです。
7.これからの活動
別の場所で勉強を続けつつ、今後の仕事をどうするのか考えていきます。


日時 場所

12月5日
12時30分より

飯田橋教室

1月16日
1時16分より

飯田橋教室

申し込みは
こちらから


説明会を随時おこなっています。
LinkIcon説明会・資料請求
日時 場所

随時開催

申し込みは
こちらから


社内研修照明講座も承っております。お気軽にご相談ください。

FACEBOOKページ作成しました。
照明デザイン情報
Houzzに登録中の足立区大谷田5-22-1株式会社アキヤマデンキ内, 東京都, JPの馬場美次

HouzzJapanに掲載中です。